お七夜…赤ちゃんが生まれて初めてのお祝い事

スポンサーリンク

生まれた日から数えて七日目の夜が「お七夜」です。
赤ちゃんがこの世に生まれ、社会の仲間入りをしたことを祝います。
産後すぐに赤ちゃんが亡くなることが多かった時代には、三夜、五夜、七夜と奇数日の夜ごとに祝いました。
成長の見通しがたった七夜は重要な日で、親戚や知人、名付け親、産婆さんなどを招いて祝い膳を囲み、赤ちゃんの名前を披露していたのです。
現在では母子がちょうど退院する時期にあたるため、ごく内輪だけで祝うのが一般的です。

 

お七夜は、退院祝いを兼ねてホームパーティーを

お七夜に招待するのは、両家の祖父母や兄弟、命名を依頼した場合は名付け親が一般的です。
「命名書」をへその緒とともに神棚か床の間に供えたり、家の目立つところに貼り、招待客と祝い膳を囲みます。
みんなの膳と一緒に赤ちゃんの膳もそろえ、この膳の前には名前を書いた紙を置きます。
そして、父親か名付け親が赤ちゃんの名前を披露します。

母親は産後一週間なので、負担がかからないようにしましょう。
そして、抵抗力の弱い赤ちゃんを多くの人たちの中に連れ出したり、抱っこさせたりするのはやめましょう。
また、里帰り出産などの場合には特別なお祝いはしないという人も多いようです。
形はともあれ、生まれてきた赤ちゃんの健やかな成長を祈ってお祝いしましょう。

 

スポンサーリンク

お七夜に招待されたときのお祝いは?

お七夜に招待されたときのお祝いは、すでに出産祝いを贈っていれば手土産程度でよく、出産祝いがまだなら、このときに持参します。
もしくは、宴席程度の現金(五千円目安)を、「酒肴料」として手渡してもいいでしょう。

 

お七夜ではお祝い膳が招待客へのお返しとなります

地域によって違いはありますが、赤飯に尾頭付きの魚を主にして祝い膳をそろえます。
出産直後の母親に負担がかからないように、お寿司の出前を取って祝うという家庭も多いようです。
お七夜では祝い膳でのおもてなし自体がお返しになるので、内祝い(お返し)はしません。

名付け親を依頼した場合のお礼は、現金ではなく、菓子折り、お酒、嗜好品などの品物にします。
のしの表書きは「御礼」「命名御礼」などです。

 

スポンサーリンク