お宮参りの服装とやり方は?お祝いの席はもうけるの?

スポンサーリンク

お宮参りの日は地方によって違いますが、男の子が生後三十日目、女の子が生後三十三日目が一般的です。

出生地の神社か、これから住むことになる土地の氏神に参拝するのが正式ですが、近くの神社でもかまいません。

しきたりでは、母方の実家から贈られた祝い着を着せ、父方の祖母が抱き、母親はそのあとから従うということになっています。

母親が抱かないのは、産後すぐの母親を気遣ってのことです。

 

お宮参りのやり方

生後一ヶ月前後に、赤ちゃんと母親の健康を考えて、天候の良い日を選んで決めます。

最近では、両親と赤ちゃんだけでお宮参りするケースも多くなりました。

前もって神社の社務所に申し出てお祓いを受け、祝詞をあげてもらうこともできます。

神社へのお礼は三千~一万円が目安ですが、料金が決まっている場合もあるので、あらかじめ問い合わせて用意しておきます。

お礼は紅白の蝶結びの祝儀袋に入れ、表書きは

「御初穂料」

「玉串料」

「御祈祷料」

などとします。

スポンサーリンク

 

お宮参りの服装

正式な祝い着は、男の子の場合は

黒羽二重の五つ紋付の熨斗目模様

女の子の場合は、ちりめん地に鶴亀菊文様の五つ紋付の絵羽友禅です。

祝い着には紐をつけ、赤ちゃんを包むようにかけ、抱く人の背中で結びます。

付けひもには神社のお守り札をつけます。

最近は正式にこだわらず、白いレースのロングドレスや、外出用のベビー服にケープをかけるなど、洋装も増えています。

天候などを考えて、赤ちゃんの過ごしやすい服装にします。

レンタル衣装を利用するのもよいでしょう。

赤ちゃんに正式な祝い着を着せた場合は、付き添いの祖母や母親は黒留袖ですが、

こちらも現在は正式にこだわらず、色留袖か訪問着、あるいはスーツやワンピースなどでよいでしょう。

父親はダークスーツを着用します。

 

お祝いの食事をするときは内輪で、赤ちゃんを中心に

かつては、お宮参りの帰りに、お世話になった方の家に、赤飯などを持って訪問していました。

最近では、そのまま帰宅して自宅でお祝いをしたり、ホテルやレストランで食事をすることが多いようです。

赤ちゃんや母親の負担はできるだけ少なくしましょう。

久しぶりの外食は、お母さんにとってもリフレッシュできる機会になります。

 

お宮参りにお祝いを贈ることはあるの?

お宮参りのお祝いは、特にしないことが多いです。

贈る場合は、身内で一万円くらい、知人・ご近所なら三千~五千円くらいが目安です。

お金ではなく、おもちゃやお菓子でもいいでしょう。

いただいた場合の内祝いとしては、お赤飯や紅白饅頭などを贈ります。

スポンサーリンク