お祝い

七五三はいつやればいい?装いと、参拝の方法

投稿日:

スポンサーリンク

 

七五三が十一月十五日に祝われるようになったのは江戸時代からです。

のちの五代将軍綱吉がきっかけといわれています。

本来は数え年で祝いますが、現在は満年齢で祝う人が多くなっています。

十一月十五日は祝日ではないので、その日に近い日曜日は神社・美容院・写真館はどこも混み合います。

できれば、その日は外した方が無難です。

十月中旬から十一月十五日までの、家族の都合のよい休日を候補にしておき、天気の良い日をみて行いましょう。

 

七五三の三歳の祝いの装いは?

三歳の祝いは、かつては男女共通のお祝いでしたが、現在は主に女の子のお祝いになっています。

祝い着は、肩上げをした着物に「被布」という朱赤の羽織りものを着せるのが一般的です。

草履を履かせる場合は、前もって何度か練習しておき、いつでも履き替えられるように履きなれた靴を持っていく方が良いです。

 

七五三の五歳の祝いの装い

男女ともに袴をはいていた時代は、五歳で「袴着の儀」を行いました。

ですから男児がお祝いをするこの日は、羽織袴でりりしく装います。

もしスーツで祝う場合は、このときに購入しておけば、卒園式や入学式にも着ることができます。

 

七五三の七歳の装い。もう一人前です

かつては七歳の祝いから、子供用の着物ではなく、帯を締めることになっていました。

現在は女の子の祝いになっていますが、昔は男女ともに一人前として扱われる重要な節目でした。

七歳の祝い着は、本裁ちの友禅模様の着物を肩揚げし、裾は腰揚げをして、色鮮やかなしごきを帯の下のほうに結びます。

 

七五三の神社への参拝の方法

七五三いずれも、神社へお参りするのが一般的です。

参拝するだけでもよいですが、丁寧にする場合はお祓いをしてもらいます。

場所は、遠いと子供が疲れてしまうので、無理のかからないところを選びます。

あらかじめお参りする神社に問い合わせをして、お祓いをしてもらう場合には予約が必要か聞いておきます。

当日は「御初穂料」として、紅白蝶結びの熨斗袋でお礼を包みます。

神社によって金額が決まっているところもあるのでいっしょに聞いておきます。

のし袋の表書きは子供の名前を書きます。

 

七五三のお祝いのお返しは?

七五三のお祝いのお返しは原則として不要です。

お祝いを下さった祖父母などといっしょに、楽しく食事をすることなどがお返しとなります。

遠方の親戚など、お祝いをいただいたけれど食事は無理という場合は、

子供の晴れ着の写真に礼状を添えて、 縁起物の紅白の砂糖やお菓子、または先方の好物などを十一月中に贈ります。

このとき表書きは「内祝」とし、子供の名前を書きます。

 

スポンサーリンク

-お祝い
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

baby006

出産祝い、友人からのおすすめの品物と贈るときのマナー

スポンサーリンク 出産の知らせを受けたとき、家族やよほど親しい身内以外は、すぐには産院まで駆けつけないほうが無難です。 出産直後の産婦は、精神的にも体力的にも余裕がなく、かえって迷惑になってしまうこと …

baby008

出産の内祝いの金額の目安は?どんなものを贈る?

スポンサーリンク 本来、内祝いというのは身内の親しい人たちの間でするお祝いのことです。 出産に限らず、自分の家のお祝い事のときには周囲の人にも贈り物をして、慶びをおすそ分けするという意味がありました。 …