子供の食事のしつけ・箸の使い方

スポンサーリンク

 

子供には、いつごろから箸を使わせればいいのでしょうか。

子ども本人が箸に興味を持ちだしたら、いつから使い始めてもかまわないのですが、一般的には2歳頃からという家庭が多いようです。

スプーンを鉛筆持ちできるようになってくると、箸を使い始める準備ができてきたという一つの目安になります。

箸だけでの食事ができるようになる3歳半ごろまでは、食事の始めに箸を使ってみて、途中で嫌になってきたらスプーンに持ち替えるようにします。

はじめは箸をわしづかみに持ってしまうので、親が手を添えて持たせてあげるようにします。

あまり箸に興味を持たない子どもにも、3歳ごろまでには持たせるようにしましょう。

 

子供にはどんな箸が使いやすいの?

先が丸くてツルツルしているものは、食べ物をつかみにくいので避けます。

先が細くて四角いもの、滑り止めがついているものを選びます。

プラスティックのものや塗り箸は滑りやすいので避け、木や竹製のものにします。

 

始めは、どのように箸を使い始めればいいの?

初めての箸はいきなり食事のときでなく、親との遊びの中で使い始めると自然に子ども本人がなじむことができます。

短時間でもいいので、テーブルに向かって楽しんで取り組んでみましょう。

つかむものはティッシュや毛糸を丸めたもの、いつも子供が遊んでいるゴムのおもちゃでいいでしょう。

 

スプーンのときと同じように右利きの子供の場合は隣に並んで座り、左利きの子供の場合は向かい合わせに座って、親が箸を使う様子を見せてあげます。

箸を使うときの手や指の動きを遊びの中で会得し、食事のときにも自然な感覚で箸を使い始めることができます。

 

スポンサーリンク