夫の死亡後、旧姓に戻りたい。復氏届とは?

スポンサーリンク

配偶者が死亡すると婚姻関係は解消されます。

残された配偶者はそのままの姓・戸籍でもかまいませんが、旧姓(結婚前の姓)に戻すこともできます。

市区町村の役所に「復氏届」を出します。

その際、全く新しい戸籍を作ることも、本籍地を自由に決めることもできます。

ただし、これは遺された配偶者本人のみです。子供については別の手続きが必要です。

(後述)

 

配偶者死亡後、旧姓に戻りたい場合の届出のしかた


市区町村役場の戸籍課にある「復氏届」に遺された配偶者本人が記載して届け出ます。

必要なもの

  • 戸籍謄本
  • 実家の戸籍謄本
  • 印鑑

配偶者死亡後、子供の姓と戸籍も変えたい場合の届出のしかた


親は復氏届で自分の姓と戸籍を変えることができます。

子供の姓と戸籍を親と同一にする場合は、家庭裁判所に「子の氏変更許可申立書」を出すことによって可能になります。

子供が15歳以上であれば子供本人が、15歳未満のときは法定代理人が申し立てをします。

提出後、裁判所から許可が出たら、その「許可審判書」を添えて、親の本籍地か住所地、または子供の本籍地の役場に「入籍届」を出すことによって、親と同姓・同戸籍にすることができます。

必要なもの

  • 子供の戸籍謄本
  • 父と母、それぞれの戸籍謄本
  • 申し立て人の印鑑
スポンサーリンク