配偶者が死亡。相手の親族(姻族)と関係を解消したい。

スポンサーリンク

配偶者が死亡しても、姻族関係はそのまま残ります。
夫に先立たれた妻の例でいうと、妻には夫死亡後も夫の両親の扶養義務があります。
妻が夫の親族(姻族)との関係を解消したい場合には「姻族関係終了届」を提出します。
この届出は妻一人の自由意志で出すことができます。

 

 

姓と戸籍については、今まで使用していたものをそのまま使い続けることができます。
夫の残した遺産の相続については、姻族関係を解消しても影響はありません。
遺産相続についての権利は、死亡した夫の妻という身分について生じているもので、姻族との関係で生じているものではないからです。

子供と姻族との関係は終了しない

妻に、死亡した夫との間に子供がいた場合、妻が「姻族関係終了届」を出しても、それは妻(子供の母)とのことだけであり、子供と姻族との関係には影響しません。
死亡した夫の親(子供の祖父母)の死亡によって相続が発生したときには、子供は法定相続人として相続することができます。

「姻族関係終了届」届出のしかた

市区町村役場にある「姻族関係終了届」によって、関係を終了させる本人が住所地または本籍地の役所の戸籍課で行います。

届出に必要なもの

  • 戸籍謄本
  • 印鑑
スポンサーリンク