戸籍を新しくつくるとはどういうことか?その手続き

スポンサーリンク

日本の法律では、年齢が20歳以上になれば本人を「筆頭者」として新しい戸籍をつくることができます。
(筆頭者とは戸籍の冒頭に記載されているもので、特別な権利関係はありません)

 


親の戸籍から離れて新しい戸籍をつくることを「分籍」といいます。

新しく戸籍をつくるのは一般的には結婚したときが多いですが、離婚の場合でも親の戸籍に戻らずに新しい戸籍をつくることができます。

新しく戸籍をつくっても(分籍も含む)相続など、親子間の法律上の関係にはなんら影響はありません。

つまり、遺産相続や扶養義務において、新しい戸籍をつくる前と変わりはありません。

戸籍を新しくつくるときの届出のしかた

市町村役場の戸籍課にある「分籍届」(結婚の場合は「婚姻届」)で届け出ます。

新しい戸籍の所在地は自由に選択できます。

「分籍届」は文籍する者の本籍地、文籍地、分籍する者の住所地のいずれでも可能です。

ただし、分籍すると元の籍に戻ることができないので、注意が必要です。

スポンサーリンク