届出

戸籍を新しくつくるとはどういうことか?その手続き

投稿日:

スポンサーリンク

日本の法律では、年齢が20歳以上になれば本人を「筆頭者」として新しい戸籍をつくることができます。
(筆頭者とは戸籍の冒頭に記載されているもので、特別な権利関係はありません)

 


親の戸籍から離れて新しい戸籍をつくることを「分籍」といいます。

新しく戸籍をつくるのは一般的には結婚したときが多いですが、離婚の場合でも親の戸籍に戻らずに新しい戸籍をつくることができます。

新しく戸籍をつくっても(分籍も含む)相続など、親子間の法律上の関係にはなんら影響はありません。

つまり、遺産相続や扶養義務において、新しい戸籍をつくる前と変わりはありません。

戸籍を新しくつくるときの届出のしかた

市町村役場の戸籍課にある「分籍届」(結婚の場合は「婚姻届」)で届け出ます。

新しい戸籍の所在地は自由に選択できます。

「分籍届」は文籍する者の本籍地、文籍地、分籍する者の住所地のいずれでも可能です。

ただし、分籍すると元の籍に戻ることができないので、注意が必要です。

スポンサーリンク

-届出
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

flower005

改葬について。お墓の移転の手続きと手順

スポンサーリンク 改葬とはお墓の移転のことです。遺骨を現在埋葬されている場所から別の場所に移すことを「改葬」といいます。都市部に住む人々の間で、近年、郷里から現住地の近くにお墓を移す人が増えています。 …

flower004

配偶者が死亡。相手の親族(姻族)と関係を解消したい。

スポンサーリンク 配偶者が死亡しても、姻族関係はそのまま残ります。夫に先立たれた妻の例でいうと、妻には夫死亡後も夫の両親の扶養義務があります。妻が夫の親族(姻族)との関係を解消したい場合には「姻族関係 …

flower007

夫の死亡後、旧姓に戻りたい。復氏届とは?

スポンサーリンク 配偶者が死亡すると婚姻関係は解消されます。 残された配偶者はそのままの姓・戸籍でもかまいませんが、旧姓(結婚前の姓)に戻すこともできます。 市区町村の役所に「復氏届」を出します。 そ …

baby005

出生届の提出の仕方と、外国で出産した場合の出生届

スポンサーリンク 子供が生まれたら、生まれたその日を含む十四日以内に「出生届」を役所に提出します。 土日、祝日、夜間も受け付けていますが、十四日目が日曜日や祝日だった場合は、その翌日まで期限は延長され …