新潟県 長岡祭り大花火大会2016 時間・場所・有料観覧席

スポンサーリンク

 

新潟県長岡市の長岡祭り大花火大会は、毎年8月2、3日に開催されます。

二日間で約二万発が打ち上げられます。

日本三大花火の一つにもあげられ、その大スケールは一見の価値があります。

打ち上げが始まると終了時間までほぼ空白の時間がないほど、ずっと花火が上がっているため、シャッターチャンスを逃すことはありません。

そして、橋から落ちるナイアガラ大瀑布花火とともに、日本一の正三尺玉が、二日間で計四発打ち上がります。

「天地人花火」「この空の花」は、音楽とともにストーリー性をもって打ち上げられる大型スターマインです。

また、中越地震の復興への絆を深めるために始まった、超大型ワイドスターマイン「フェニックス」は、圧巻のスケールと華やかさを誇ります。

長岡祭り大花火大会の日時は?

日時:8月2日(火)・3日(水) 19:20~21:10(予定)

雨天決行(荒天時順延)

打揚場所:長生橋下流 信濃川河川敷

観覧会場:JR上越新幹線・信越本線 長岡駅から徒歩30分

 

長岡祭り大花火大会の観覧で、注意することは?

日本三大花火の一つにも挙げられていることから、ネットが普及してから特に観覧客が増えています。

観覧会場や、付近のスーパー・コンビニは例年大変混雑します。

トイレを借りるときなどは長い行列になりますので、特に小さい子供を連れて行く場合は注意してください。

スポンサーリンク

長岡祭りのホテルはいつごろ予約する?

都会よりも宿泊場所は少なめですので、直前の予約はほぼ無理です。

(8月1日も前夜祭があるので、混み合います)

冬などのオフシーズンに予約しておく方が確実です。

春以降に宿泊場所を検索して、もし空いていたら、即予約を入れたほうがいいでしょう。

 

長岡祭り花火を観覧する際の注意

駐車スペースが事前に確保されていない場合、自家用車で来場しても、停める場所はありません。

路肩や空き地などのスペースも全てふさがれます。

また、信濃川を渡る場合、開催時間中は2本の大きい橋が通行止めになります(ナイアガラ点火のため)。

遠方の方は、来場には公共交通機関を使ってください。

 

花火観覧会場は信濃川河川敷ですが、土手の上の通路は大変混雑するため、近年歩行の際も規制が厳しくなっていて、 立ち止まったり、座り込んでちょっと観覧、という場合も移動を促されます。

あまり打ち上げ場所直近の河川敷にこだわらず、有料チケットを利用する方が余裕を持って見物できます。

チケットの販売については、4月下旬に長岡市の長岡祭り協議会公式サイトで発表されます。

 

有料観覧席の申込受付は 5月2日(月)~5月13日(金)、抽選です。

 

長岡まつりチケットセンター TEL 0258-35-9244 受付時間 9:30~17:30(土日・祝日を除く)

長岡まつり協議会(長岡市役所まつり振興課内) 0258-39-2221

 

スポンサーリンク