年中行事

お中元のシンプルなマナー

投稿日:

スポンサーリンク

 

お中元はいつ贈るのか?

以前は東日本と西日本で違っていましたが、現在ではいずれの地方も7月初めより中頃まで(土用の入り前)に贈ることが一般的になってきています。

最近では、6月からお中元ギフトを贈り始める方が多くなるなど、早まる傾向にあるようです。

時期を逸した場合には暑中見舞い・残暑見舞いとして贈ります。

(地域によって違う場合もあります。ご注意ください。)

 

お中元の正しい贈り方は?

お中元の贈り物に掛ける「のし紙」は、紅白の一般お祝い用のものを用います。

表書きは濃い色の墨を用いて楷書で書きます。

上書きは「御中元」と書き、名前はそれよりやや小さめにして「フルネーム」で書き入れます。

本来は直接持参するのが習わしですが、現在はデパートなどから直送したり、宅配便を利用するのが一般的です。

身内や友人に送り届ける場合は電話で伝える程度でも差し支えありませんが、

日頃お世話になっている方に届ける場合は挨拶状を付けるか、届く頃を見計らって手紙か葉書で挨拶状を送ります。

スポンサーリンク

 

喪中の時はどうする?

お中元はお祝いごとの贈り物ではなく、普段の感謝の気持ちを贈るものなので

どちらかが喪中の場合であっても、本来関係はありません。

しかしどうしても気になる場合は「事前に先方の了解を得た上で」時期をずらして暑中見舞いや残暑見舞いで贈りましょう。

(キリスト教では、喪中という考え方はないので、教徒間の場合は問題はありません)

 

お中元をいただいた場合のお返しは?

お中元には特にお返しの必要はありません。

届いた後に、速やかに電話か手紙でお礼の気持ちを伝えます。

お礼の言葉だけでは気がすまない相手の場合は、返礼として同額程度の「御礼」の品か「お中元」を贈ります。

 

お中元をいただいた場合の礼状は必要か?

お中元の礼状は、相手の心遣いに対して感謝の気持ちを伝えるために出すのですが、

お中元が無事に届いたことを相手に知らせるという役割もあります。

宅配便の発達で、届いたことが発送した人に伝わるようになっていることもありますが、

お中元などでは、相手がこうした事にこだわる場合もあるので、念の為マナーに則って礼状を出しておく方が無難です。

 

スポンサーリンク

-年中行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

tanabata-img

七夕飾りの意味と、代表的な飾りの作り方

スポンサーリンク   七夕と言えば、竹や笹に願い事を書いた短冊や、きれいな七夕飾りを吊るすのが一般的です。 代表的な七夕飾りの種類と、その意味をご紹介します。   七夕飾りの意味は …