改葬について。お墓の移転の手続きと手順

スポンサーリンク

改葬とはお墓の移転のことです。
遺骨を現在埋葬されている場所から別の場所に移すことを「改葬」といいます。
都市部に住む人々の間で、近年、郷里から現住地の近くにお墓を移す人が増えています。
その理由は、郷里には墓守をする人がいない、郷里のお墓が老朽化している、お墓参りのためだけに遠くに行くのは面倒だから、という理由が多いようです。

もし、お墓がないとき(土葬のとき)は、お椀一杯の土でも、それを新しいところに移します。

 

改葬の手続き

改葬も「墓埋法(ぼまいほう)」によって、所定の手続きが必要です。
遺骨のある墓地や納骨堂を所轄する自治体に「改葬許可証」を交付してもらいます。
それには、現在の墓所の「埋葬許可証」と、移転先の「受入証明書」をそえて、必要事項を記入した「改葬許可証交付申請書」を役所の窓口に提出します。
申請書によっては、現在の墓所の管理責任者の署名・捺印を必要とするものもあります。
この場合は、これが「埋葬証明書」になります。
地域によって違いがあるので、前もって役所に問い合わせておきます。

 

改葬するときの手順


手続きがすんだら、まず墓前で僧侶に閉眼供養をしてもらいます。
そして、係員立ち会いのもと、遺骨を取り出し、移転先に運びます。
この係員には環境衛生監視員か関係吏員、お寺だと住職があたります。
土葬で遺骨がなくなっているときは、代わりに一握りの土(霊土)を移します。
(この場合は「墓埋法」が適用されるので「改葬許可証」は不要です)

新しい菩提寺による「開眼供養」を営んで改葬は終了です。

 

分骨するとき


改葬の際、遺骨を全部移さずに分骨する場合は、現在の墓所の管理者に「分骨証明書」を発行してもらいます。
受け入れ先の「受入証明書」「改葬許可証明書」「改葬証明書」が必要です。
開眼供養は必要ありません。

 

改宗したとき


改宗は信教の自由で認められています。お寺は宗派が異なるという理由で埋葬を断ることはできません。
しかし、これには条件がつきます。改宗した人は、法要などの宗教儀式のとき、そのお寺のやり方に従うということです。

 

スポンサーリンク