平安神宮神苑 無料公開 2016(平成28)年

スポンサーリンク

 

平安神宮の神苑は、1975年に国の名勝に指定されました。

総面積は約1万坪、東・中・西・南の四つの庭からなります。

池泉回遊式庭園という、池を中心に配した日本庭園の形式です。

神苑は、通常は大人600円の拝観料金が必要ですが、年2回無料公開の日があります。

6月は約1,500坪ある西神苑の花菖蒲が見ごろを迎えます。

日本古来の品種を中心に、約200種・2,000株を楽しむことができます。

※無料公開日は大変に混雑するため、三脚・一脚の使用はできません。

 

日時

2016年6月3日(金)8:30~16:30

          9月19日(月)敬老の日

 

おすすめのポイント

神苑の中でも見所は、東神苑栖鳳池の中央付近を東西にまたぐ橋殿「泰平閣」です。

この庭を造る時に京都御所にあった、京都博覧会の建物を移築したものです。

かつて御所にあった橋で、平安貴族の気分を味わえます。

もう一つのおすすめは「臥龍橋」です。

この橋は丸い石が池に配置されたもので、石は三条大橋と五条大橋の橋桁・橋脚に使われていた石柱を再利用したものです。

その上を渡って向こう岸に渡るという趣向が、遊び心を感じさせてくれます。

 

アクセス

京都市左京区岡崎西天王町97

市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車

地下鉄東西線「東山」駅下車、徒歩10分

 

スポンサーリンク