梅の下ごしらえと、梅酒の簡単なつくり方

スポンサーリンク

 

5~6月になると小梅が出回り始め、それから大粒の青梅が出回り始めます。

青梅が終わる6~7月頃に、完熟梅が出回ります。

それぞれの梅の時期はあっという間に過ぎてしまいます。見かけたらすぐに購入してください。

 

「小梅」は、出回り始めの小粒の青い梅です。カリカリ梅を作るときに使います。

大粒の「青梅」は、梅酒や梅ジュース、ジャムにします。

黄色に完熟した「完熟梅」は、青梅の旬が過ぎた後に出回る梅で、梅干しに使います。

 

梅の下ごしらえ

1、果実にアクがあるので、洗って水に浸けておきます。 梅酒の青梅なら2時間程です。

2、時間が経ったら、水気をしっかりと切ります。

3、苦味の元になる梅のヘタ(なり口)を竹串で取り除きます。

 

梅酒の材料(作りやすい分量)

青梅1kg

氷砂糖 500g

ホワイトリカー1.8リットル

 

作り方

● 熱湯消毒をした広口ガラス瓶(4リットル容量)に、下ごしらえをした青梅と氷砂糖をそっと入れ、ホワイトリカーを注ぎ入れます。

● 蓋をして漬け込み、月日を記入し、冷暗所で保存します。

(漬けた実は1年を過ぎたら取り出して、煮梅やジャム、お菓子づくりなどの材料にします。)

● 半年くらいで飲めるようになります。年月をかけて熟成させると、まろやかな味わいになります。

 

はじめて作る場合は、果実酒用のホワイトリカーと氷砂糖の組み合わせが、失敗が少ないです。

氷砂糖はすっきりとした甘さの梅酒になります。蜂蜜や黒砂糖を使うときは量を少なめにします。

アルコール度35度以上のブランデーやウイスキーなどを、ホワイトリカーの代わりにすると違った味わいが楽しめます。

 

スポンサーリンク